収穫の良い年、悪い年によって、納められる税の量はばらばらでした。そこで、明治時代になると、できるだけ同じ量の税を毎年集められるように、お米で税を払うしくみ(年貢)から収穫に関係ないしくみに変わりました。たとえば、持っている土地の値段に対して税金がかけられたり、所得税や法人税のしくみができました。

[参考リンク]